文章力が身につく!小説全文書き写し

 


【小説全文書き写し】をやってみました


童話を30年書いている私が、童話を書けるようになるための、文章力アップの方法を解説します。

✏️小説本を全文書き写し📝

 

やろうと思ったきっかけは、友達が

やっていた、小説家講座です。

遊びに行ったときに、少し読ませて

もらったんですが、そこには、

「文章力アップの方法」として、

「本を全文書き写すと良い」

と書いてあったんです。

書きたいジャンルの作品でなくても、

新聞でも何でもいいらしいのですが、

私が選んだのはやっぱり童話でした。

角野栄子さんの『魔女の宅急便』です。

おすすめの童話/魔女の宅急便

選んだ理由としては、この2つ。

①思い出の本だから
②モチベーション維持です。

 

前に[童話作家の夢]のページでも書きましたが、

私が「童話作家になりたい」と思った

きっかけの本です。

「絶対にあきらめないで、最後まで書く」

という、モチベーション維持につながる

と思って決めました。

実際に書き写したノートがこちら!

 

私も最初は全く書けなくて、

読んでもらってはかなりダメ出し

されていました。

そのあと、小説本全文書き写しを

やってから、だんだん書けるように

なってきたので、本気で作品を書いてみたい

方には絶対おすすめです!

一冊目に『魔女の宅急便』の全文書き写し

が終わりました。

でも、まだまだ……。

書きたいものをスラスラと

書けるようにはなりませんでした。

 

 

もっと文章力をつけたい!

 

その後私は、二冊目をやろうと思って、

ミヒャエル・エンデ作

『ジム・ボタンの機関車大旅行』

選びました。

 

魔女の宅急便の書き写しが終わった後、

まだ思い通りに童話が書けるように

なっていなかったので、

魔女の宅急便よりもボリュームのある本が

いいと思って、かなり分厚い小説を

選びました。

これは、書き写すまで読んだことはなかった

ので、楽しみながら書き写しました。

実際に書いたものがこちら。

上の写真とくらべてもらうと分かるように、

魔女の宅急便のときはすべてシャーペンで

書いました。

なんか真っ黒だなぁと思って、

次はペンを使ってカラフルにしてみようと

思って、こんな感じに仕上がりました。

(水性ペン🖍すぐになくなります……。

同じ色のペン🖍を何本も買っていました。)

その頃には、モチベーション維持は

もう気になりませんでした。

 

さらにそのあと、

安房直子さんの『鳥』

小学校の国語の授業で習った思い出の作品

で、今でも大好きなので選びました。

「鳥」を書き写して、

やっと自由に思い描いたものを文章に

することができるようになりました。

小説全文書き写しは、

文章力アップにおすすめです!

これから童話を書いてみたい方、

書いているけど、うまくいかない方、

もっとレベルアップしたい方は

ぜひ一度やってみてください。


これからも、皆さまに楽しんでいただける

童話ブログになるように、頑張ります。

最後まで読んでいただきまして

ありがとうございました。

トップにもどる

 

 

eguchi
  • eguchi
  • 子どものころから30年間趣味で、動物が出てくる童話を書いている。2020年に動画をきっかけにブログを始める。
    猫大好き!子どもとネコカフェやカラオケに行くのが楽しみ。