書くときの注意点

 


書くときの注意点


作品を書くときに注意することは3つ

  • なるべく語尾をかえる

  • ショートショートから書かない

  • 人物の枚数のバランスを考える


 

  • なるべく、語尾をかえる

ですます調か、だである調。

どちらかで統一したほうが読みやすいです。

私はほとんどの作品で、

ですます調を使っています。

さらにその中でも、語尾をかえる

工夫をしています。

 

ですます調では、
・〜です。
・〜ます。
・〜でした。
・〜ました。
・〜でしょう。
・〜ですよね。
・〜ましょう。
・〜ません。

などなど……。

これだけたくさんの語尾があります。

同じ語尾が続かないように

気をつけています。

何度も読み返して、1番ぴったりな

語尾を探します。

もちろん、同じ語尾が続くことも

ありますが、語尾をかえることによって、

リズミカルになり、読みやすくなります。

 

 

  • ショートショートから書かない

私は、いきなり原稿用紙5枚以内の

短いお話を書こうとしても、

上手くいきませんでした。

短いほうが簡単、と思いがちですが、

これは違います。

理由は、作品の中に起承転結を

入れるからです。

たった5枚のこの短い中に、起承転結を

すべて入れなければならないので、

ショートショートは難易度が高くなります。

短くまとめるために、無駄を徹底的に

省くことが大切です。

 

ショートショートをおすすめしない理由は、

⬆️こちらの記事に書いています。

ある程度の長さがあるお話のほうが、

実は簡単です。

 

  • 人数と枚数のバランスを考える

お話に登場するキャラクターの人数と、

原稿用紙の枚数のバランスを考えます。

例えば、登場人物が2人しかいないのに、

1000枚も書くのはむずかしいですし、

反対に、登場人物5人に対して、

原稿用紙がたった5枚だと、

ごちゃごちゃします。

もちろん絶対に書けない訳ではありません。

プロの方であれば、

登場人物がたった3人の連続ドラマを

書いておられる方もいるでしょう。

ただし、初心者には、おすすめしません。

このバランスに、特に決まりが

ある訳ではありませんが、

読みやすいものを書きたいなら、

やはり考えたほうがいいです。

 

ちなみに私の作品では、

原稿用紙30枚ほどの作品が多いです。

 

主な登場人物の人数

🐶お菓子屋のポポロは、

ポポロとおじいさんとパティシエの、3人。

🐱なんでも屋のみけねこは、

良太くんと、みけねこリンと、お母さんの3人。

🗓カレンダー王国と魔女の鏡は、

(近日公開)

王様、王女様、魔女の3人。

だいたい、3人いれば、原稿用紙30枚

書けることになります。


今回は作品を書くときの注意点でした。

これからも、童話作品や、童話の書き方、

本のレビューを書いていきますので、

童話ブログをよろしくお願いします。

 

童話ブログトップにもどる

eguchi
  • eguchi
  • 子どものころから30年間趣味で、動物が出てくる童話を書いている。2020年に動画をきっかけにブログを始める。
    猫大好き!子どもとネコカフェやカラオケに行くのが楽しみ。