書きたいジャンルを選ぶ

 


書きたいジャンルを選ぶ

「簡単そうだから」は間違い!


この童話の書きかたコーナーを

読んでくださっている方は、

童話を書いてみたい方だと思います。

あなたがもし、

「童話を想像するのが楽しい!」

と感じているなら、童話を書くことが

できるでしょう。

ですが、

「子ども向けの童話なら、

子どもが分かる文章だから、簡単だろう」

とか、

「小説より短いから、すぐに書けそう」

などと考えて童話を選ぶのは、

間違いです。

短い作品は、文章をまとめる力がないと

書けません。

私は初心者に、ショートショートは

おすすめしません。

↘️詳しくはこちらをご覧ください。

ショートショートについて


自分にとって、本当に

書きたいジャンル

かどうか、よく考えて

ください。


怖い話は大嫌いだけど、流行っているから

何となくホラーを選ぶとか、

恋愛知らないけど、とりあえず恋愛小説

を書くというのは、やめたほうがいいです。

 

本当にそのジャンルが大好きな読者だと、

物足りない作品はすぐに本を閉じてしまう

かもしれません。


動物が出てくる物語といっても

いろいろある


ここでは、動物が出てくる物語を書くとき、

動物がどんなふうに登場するか、

人間に近い順番で

いくつか例をあげてみます。

1、動物が人間のように生活する。動物の特徴はあまりない。 例:かいけつゾロリ

2、人間と動物でも人間の言葉を話す。動物の特徴がしっかりある。  例:くまのプーさん

3、人間の言葉は話せないが、意味は理解している。動物同士では人間の言葉になる。 例:とっとこハム太郎

4、人間の言葉は話せないが、意味は理解している。動物同士でも動物の言葉になる。 例:おさるのジョージ、ひつじのショーン

5、魔法がかかっているあいだだけ話せる。例:スプーンおばさん、姫ちゃんのリボンのポコ太

6、普通のペット 
例:クレヨンしんちゃんのシロ

7、動物の特徴を解説している。 例:図鑑など


本当に書きたいのは、どのストーリーに近いのか、例を参考にして、しっかり考えてから書き始めましょう!

 

これからも作品と書きかたの解説をしていきます。引き続き、童話ブログをよろしくお願いします。

童話ブログ トップにもどる

 

eguchi
  • eguchi
  • 子どものころから30年間趣味で、動物が出てくる童話を書いている。2020年に動画をきっかけにブログを始める。
    猫大好き!子どもとネコカフェやカラオケに行くのが楽しみ。