童話の魅力


童話の魅力


 

童話を書くことが夢で、ずっと書き続けて

いる私が、書くことの魅力について

思うことを解説します。


童話の魅力その1

年齢に関係なく続けられる


いろいろな夢の中でも、年齢に関係なく

書き続けられるのが童話の魅力です。

スポーツ選手のように、せっかく10代で

選手として活躍できても、30代くらいの

若いうちに引退しなければならないのは、

何だかもったいないなぁと思います。

もちろん、引退後は監督になったり、

指導者になったりして、

引き続きそのスポーツに関わることは

出来るでしょう。

 

でも、作家は10代でも、30代でも、

60代でも、80代でも、作品を書いたら

作家になれます。

長く続けられるのは、のんびり屋の

私にとって、最大の魅力でした。

私と同じように、のんびり続けたいなら、

創作に向いているかもしれません。

 


童話の魅力その2

経験を積むほど、書けるようになる


子供の頃は書けなかったものが、

大人になったら書けるようになる

というのは、よくあります。

 

例えば、

・社会人になったら、働く厳しさが

分かった。

 

・自転車に乗っていたときには

気づかなかったけど、車の免許を取ったら

運転手の気持ちが分かった。

 

・母親になって、

親の気持ちが分かるようになった。

 

こんなふうに、分かることが増えると、

書けることも増えていきますので、

色々な作品が書けるようになります。

経験が増えると、様々なキャラクターを

主人公にすることができます。

 

私の大好きな漫画家さんは、最初は

中学生くらいの女の子の作品が

多かったんですが、最近は

出産をテーマにしたものを描いていて、

その作品を見て、新鮮だなと感じました。

 

私も、もっともっと書けるようになりたい!

と思っているので、色々なことに

チャレンジしたいなと思っています。

 

 

童話ブログトップにもどる

 

 

eguchi
  • eguchi
  • 子どものころから30年間趣味で、動物が出てくる童話を書いている。2020年に動画をきっかけにブログを始める。
    猫大好き!子どもとネコカフェやカラオケに行くのが楽しみ。