エピソード「なんでも屋のみけねこ」

 


エピソード

「なんでも屋のみけねこ」


なんでも屋のみけねこ-1

↗️まだ読んでいない方はこちらからどうぞ!

『ごはんちょうだい』を書く

元々、20才のときに「ごはんちょうだい」というタイトルで、作品を書いていました。

設定は、みけねこのリンが良太くんのペットで、おしゃべりはできない普通のネコでした。

忘れっぽい良太くんのために、リンが時間割を合わせて、学校では忘れ物をしなくなるのに、リンのごはんを用意するのは忘れてしまうというストーリーです。

これは、自分の中では失敗作なので、公開するのは恥ずかしいんですが、お見せします。

ラストがこちらです。

 

これを友達に読んでもらったときに、

「良太くんは、いい子にならないの?」

と言われてしまいました。

そのときは分かっていなかったんですが、

今なら、何も解決していないラストシーン

だったことがよく分かります。

 

まだまだある、私の失敗作

なんでも屋のみけねこ-1

↗️まだ読んでいない方はこちらからどうぞ!

『なんでも屋のみけねこ』完成

それから7年後には『なんでも屋の

みけねこ』が

書けました。

自分の作品を、

誰かに読んで

もらって

アドバイスを

もらうことは、

本当に勇気がいります。

でも、あのとき読んでもらって本当に

良かった!と心から思います。

自分の頭の中だけでは限界があるし、

自分では想像もしていなかった反応や、

ダメ出しも、色々聞けるから成長できます。

もちろん、言われてすぐは、かなり

ショックです。

でもそこを乗り越えて、やっといいものが

書けるようになるということを学びました。

童話に限らず、夢を持っている皆さんには、

ぜひあきらめないで、続けてもらいたいな

と思います。

私自身、まさか童話でブログをやる

なんて、夢にも思っていなかったので、

自分でびっくりしています。


これからも、童話の作品を公開して

いきますので、よろしくお願いします。

最後まで読んでいただきまして、

ありがとうございました。

 

童話ブログトップにもどる

 

 

 

eguchi
  • eguchi
  • 子どものころから30年間趣味で、動物が出てくる童話を書いている。2020年に動画をきっかけにブログを始める。
    猫大好き!子どもとネコカフェやカラオケに行くのが楽しみ。