きつねとCDウォークマン-17

雨がやんだあと、もういちどそとへ出てみたけれど、きつねどころか、あの黄色い花ばたけさえも、見つけることはできなかった。
ぼくは、きつねにだまされていたのかな。
ぼんやりとそんなことを考えた。
家にかえってみると、ぬれていたはずの絵はすっかりかわいて、もとどおりになっていた。
あの雨は?
あのきつねは?
みんな夢だったんだろうか……?
ぼくが見た黄色い花ばたけも、だれにきいても知らないっていうんだ。
だけどぼくのCDウォークマンには、あの黄色い花びらがくっついている。
「不思議なことは、みんな神様の教え」
きつねの言葉を思い出した。
ぼくもそう思うことにした。
もしかしたら神様っていうのは、あのきつねのほうだったのかもしれないな、とぼくはときどきそう思う。

それからぼくは、まよわずきつねの絵をかいた。
黄色い花ばたけのまんなかで、小石をCDウォークマンのかわりにして、大きな目玉やきを食べているあいつの絵だ。そのきつねは、
「うん、おいしいね。この化けもの」
といっているようだった。

 

 

おしまい

eguchi
  • eguchi
  • 子どものころから30年間趣味で、動物が出てくる童話を書いている。2020年に動画をきっかけにブログを始める。
    猫大好き!子どもとネコカフェやカラオケに行くのが楽しみ。