ふぁーう村の村長さん-1


ふぁーう村の村長さん


ふぁ~う村の村長さんは、村の人たちの話をよく聞いてくれる人でした。

だけど、とてものんびり屋さんなのです!
朝は、めざまし時計が何回鳴っても起きられないし、ソフトクリームなんて、食べてるあいだにとけてしまうのでした。
となりの町へ出かけようとしたら、夜だった、なんてこともあるくらいなのです。

そもそもなぜ、ふぁーう村になったかというと、前の村長さんが、王様に村の名前はなにかとたずねられたときに、思わず
「ふぁーう」
と大きなあくびをしてしまったのです。
だから、この村の名前はふぁ~う村とよばれるようになりました。

村長さんは、そんなこと気にしていませんでした。
けれど、村の人たちの中には気に入らないという人もいました。
「こんな名前じゃねー」

eguchi
  • eguchi
  • 子どものころから30年間趣味で、動物が出てくる童話を書いている。2020年に動画をきっかけにブログを始める。
    猫大好き!子どもとネコカフェやカラオケに行くのが楽しみ。