読書感想文を書くときに、大人にしてほしい5つの行動

 

小学生のパパやママ向け

子どもが読書感想文を書いたときに、

大人にしてほしい!5つの対応


内容

①アドバイスは、聞かれたときだけ!

子どもが感動したところを受け入れる

あえて本を読まない

④文章の意味は答えない

⑤自分で書けるようにする


読書感想文が書けない子どもにやってはいけない大人の対応 はこちら

 

読書感想文は、宿題の中でも、

ちょっとハードルが高くて、

子どもはなかなかやりたがらないし、

パパやママにとって、

ちゃんとできたのか気になったり、

どんなアドバイスをしたらいいのか

分からなくて迷ったりしますよね。

 

そんなときには、この5つの対応を

やってみましょう!

お子さんが、読書感想文を

だいたい書けている場合、

まだ書けていない場合、どちらにも

使える方法になっています。

 

①アドバイスは、聞かれたときだけ!

子どもの書いたものを見ると、

「もうちょっとこうしたら」

と言いたくなります。

それでも、口を出さないことが大切です。

読み返してみて、

どうしても意味がわからないときだけ、

「ここはどういうこと?」

と聞いてみましょう。

 

 

子どもが感動したところを受け入れる

子どもは、本の思いがけないところに

ひかれることがあります。

大人からすると、

「なんでそこに感動するの?」

というものだったとしても、

「発想が子どもらしくていい」

「おもしろい!」

と言って、ほめてあげましょう‼︎

子どもの感動したところは否定せず、

大人もいっしょにおもしろがったり、

ほめてあげると、子どももよろこびますね😊

 



あえて本を読まない

「ママは読んでないから、説明してね」

と、子どもから教えてもらうという

気持ちで、感想文に書く本を読まない

ことも大切です。

本の内容を知っていると、口出しして

しまいがちになりますが、知らなければ

何も言えませんよね。

子どもにとって、

【親が知らないことを、教えてあげる】

というのは、なんだか嬉しいものです😆

あとは、

「なるほど、そういうことね。

じゃあ、そう書いてみて!」

と、聞いた内容に納得して、自信を

持たせてあげましょう♪

 

 

🎶ここでちょっと余談ですが、 

娘はピアノで【エリーゼのために】を

習っています。

私は子どもの頃にピアノを習って

いましたが、【エリーゼのために】は

弾けません😅

そこで、娘に

「エリーゼのためにをマスターしたら、

ママに教えて!」

と言いました。

娘は、かなり戸惑って

「わたしが?ママに?教えるの?」

を5〜6回繰り返して、

かなり優越感に浸っていたんではないかと

思いました。

親が知らないことを、子どもが教える

というのは、かなり嬉しいし、

やる気になりますよ!😆


 

文章の意味は答えない

書かれている内容が分からなくて、

質問してくるとき、すぐに

答えを教えるよりも、

「これ誰のことかな?」というように、

まずは、子どもに質問して答えて

もらいましょう。

「どこが良かったかわからない」

というときも、具体的に質問してみます。

「面白かったところは?」

「自分と同じだなと思ったところは?」

「かわいそうだなと思ったところは?」

と具体的に聞く方が、

ただ「感動したところは?」と聞くよりも

分かりやすいですね。

 

 

自分で書けるようにする

何を書けばいいか迷っているときは、

「自分だったらどうする?」

と声をかけてみましょう。

「驚くかな? それとも嬉しいのかな?」

と導いてもいいですね。

大人が手を加えるのではなく、

子どもが自分で、考えて書けるように

してあげましょう。

考えすぎて書けないと言う場合には、

【正しい感想文なんてない】

と伝えましょう。

 

読書感想文が書けない子どもにやってはいけな最初の1行はコレ!

 

最初の1行はコレ!読書感想文の書き出しを10パターン解説

童話ブログ トップにもどる



eguchi
  • eguchi
  • 子どものころから30年間趣味で、動物が出てくる童話を書いている。2020年に動画をきっかけにブログを始める。
    猫大好き!子どもとネコカフェやカラオケに行くのが楽しみ。