最初の1行はコレ!読書感想文の書き出しを10パターン解説

最初の1行はコレ!読書感想文の書き出しを10パターン解説

 

 

読書感想文を書こうと思っても、なかなか

書けないという人はいませんか?

まず最初の1行が分からないから書けない、

【どう書き始めたらいいか分からない】

という人も、多いのではないでしょうか?

 

そこで今回は、読書感想文の書き出しを

10個のパターンに分けて解説します。


〜書き出しパターン〜

①あらすじから書く

②「きっと〜」から書く

「もしも〜だったら」を書く

本を知ったきっかけから書く

ほめたあとに「なぜなら〜」と続ける

体験したことから入る

手紙のように書く

主人公になりきる

⑨気に入ったセリフから始める

反省から書く




①あらすじから書く

まずは、どんなお話だったかを書いてみて、

面白かった理由につなげる。

 

②「きっと〜」から書く

「主人公は、きっと、こういう気持ち

だったんだと思います」

主人公の気持ちに共感する場合に

おすすめ】

 

「もしも〜だったら」を書く 

読み終えたときに、

主人公とちがう気持ちだった場合】

「もしもぼくが主人公だったら〜」

分かったことがあるとき】

「もしもこの本を読んでいなかったら〜」

 

本を知ったきっかけから書く

「作者が好きだから〜」

「イラストがかわいいから〜」

その本を選んだ理由があるとき】

 

まずは、ほめる

「主人公はすごいと思う」とほめたあと、

「なぜなら〜」と続ける。

主人公を尊敬する!と思ったとき】

 

体験したことから入る

「わたしはピアノを習っています。

この本の主人公は〜」

主人公と似た体験をしている場合に

おすすめ!】

 

手紙のように書く

例えば、【魔女の宅急便】の感想文なら、

「キキは13歳でひとり立ちなんて、すごいね!」とキキに手紙を書いてあげる。

もし自分が主人公と友達だったら、

なんて声をかけてあげるか考える】

 

主人公になりきる

例えば【かいけつゾロリ あついぜラーメン対決】の感想文なら

「オレさまはゾロリ。お金がなくても

人分のラーメンを食べるために、

ある作戦を考えたんだ。

その作戦っていうのは〜」

ゾロリが作戦会議をするように】

 

⑨印象に残るセリフから始める

赤ずきんちゃんのオオカミ

「おまえをたべるためだよ」などは印象的

【気に入ったセリフがある場合におすすめ】

 

反省から書く

例えば【からすのパンやさん】なら、

「わたしは、こげたパンなんて絶対に売れないと思いました」というように。

思わぬ展開だった場合におすすめ‼︎

 



いかがですか?

これなら書けそうというものは、

見つかりましたか?

ポイントは、

どんな文章も、まずは書き始めてみること。

きっかけさえ見つかれば、その先も

スラスラ書けたりしますから、

ぜひ、やってみてくださいね!

 



童話ブログ トップにもどる

eguchi
  • eguchi
  • 子どものころから30年間趣味で、動物が出てくる童話を書いている。2020年に動画をきっかけにブログを始める。
    猫大好き!子どもとネコカフェやカラオケに行くのが楽しみ。