こまったさんシリーズ作品紹介〜あらすじと感想〜


こまったさんシリーズの作品紹介/〜あらすじと感想〜

寺村輝夫 作 岡本颯子 絵

あかね書房


📚『子どもの頃に好きだった』『懐かしい』

のコメント多数😄

🍽こまったさんのスパゲッティ

 〜あらすじ〜

こまったさんは、スパゲッティ🍝

ソースができるまで、ざっしのアフリカの

ページを見ていました。

ゆでたスパゲッティは、なぜかきえていて、

おゆがふきこぼれてしまいます。

スパゲッティをおいかけていくと、

そこはアフリカのレストラン❗️

おきゃくさんは……🐘どうぶつたち⁉️

りょうりのコツがわかる、

ムノくんマークがついています。

 

 

🍽こまったさんのカレーライス

 〜あらすじ〜

ヤマさんがともだちをつれてくると

いうので、ごちそうをつくることになった

こまったさん。

たまねぎをきざむと、なみだがでます。

水中めがねをかけると、

きったたまねぎ🧅が、さかな🐟に?

えびをつかまえたら🦞にげられるし、

まぐろはおもくて もてないし、

いかをおさえたら、すみをかけられて😵

またやりなおし☹️

さて、おいしいカレーライス🍛

かんせいするかな?

お客さんの人数もふえたみたいだけど、

大丈夫かな〜😅

りょうりのコツがわかる、

ムノくんマークがついています。

 

 

 

🍽こまったさんのハンバーグ

 〜あらすじ〜

花をはいたつするため地図を見ると、

みちが2つにわかれています。

お客さんはなんと動物たち❗️

花をちぎってりょうりを作ります。

うちにかえって料理をするときも、

思わず動物たちのうたをうたってしまう

こまったさん。

りょうりのコツがわかる、

ムノくんマークがついています。

 

 

 

🍽こまったさんのサラダ

 〜あらすじ〜

こまったさんがみせをしめようとすると、

「きょうのおかずはサラダだけ」と、

まじょがやってきて、うれのこった花を

やさいにしてしまいます。

ジャガイモの馬車🥔で、でこぼこ道を

すすんだり、ウシにぶつかる❗️

思ったら、馬車に乗ったままウシの

おなかにとびこんだり‼︎

とけいが5時になるときえてしまう

不思議なまじょ。

りょうりのコツがわかる、

ムノくんマークがついています。

今回はサラダのほかに、

マヨネーズとフレンチドレッシング

のレシピも❗️

 

 

 

🍽こまったさんのグラタン

 〜あらすじ〜

「雨だからひまだな」

と、いえにかえって、もけいの

てつどうにむちゅうのヤマさん。

お店がいそがしくなったのに、

でんわにも出ません。

こまったさんが、はやめにみせを

しめていえにかえると、そこには

なんと‥

パノラマしゃしんのようなけしきが⁉︎

つぎつぎにグラタンをちゅうもんされて、

おおあわてのこまったさん💦

りょうりのコツがわかる、

ムノくんマークがついています。

 

 

 

🍽こまったさんのコロッケ

 

 〜あらすじ〜

お店のしゃしんをとらせてほしいと、

カメラマンがやってきます。

フラッシュがひかったとたん、

カメラマンが、くまに‥‥?

まわりは、のはらに‥‥?

こまったさんはユニフォームをきていて、

サッカーが⚽️はじまりました。

ゴールキーパーのこまったさんのところに、

次々と飛んでくるのは、ボール⚽️

じゃなくて‥‥じゃがいも🥔

たまねぎ🧅 タマゴ🥚⁉️

コロッケは、待つのがポイント‼︎

だから、カメラマンの名まえは【まつの】

りょうりのコツがわかる、

ムノくんマークがついています。

 

 

🍽こまったさんのシチュー

 〜あらすじ〜

こまったさんは、はやくおみせを

しめようとしたのに、でんわで、

チューリップ🌷の花たばをちゅうもん

されます。

なかなかうけとりにこないので、

いらいらして、思わずストーブに

さわってしまうと、白いこながまい、

雪にかわりました。

チューリップ🌷は、ちぎれてヒラヒラと

おみせのそとへ。

そとにはふしぎな男の子が!

でんわしてたのんだ花たばができて

いなくて、ガッカリして出ていきます。

おいかけるとなぜか、こまったさんの

たんじょう日をしっていて、シチューを

つくってくれます。

おとしたスプーンが、なぜか

スキーになって、ますますふしぎな

せかいへ😆

りょうりのコツがわかる、

ムノくんマークがついています。

 

 

童話ブログ トップにもどる

eguchi
  • eguchi
  • 子どものころから30年間趣味で、動物が出てくる童話を書いている。2020年に動画をきっかけにブログを始める。
    猫大好き!子どもとネコカフェやカラオケに行くのが楽しみ。