文章力アップ!書き写しをやり遂げるために必要な3つのこと


文章力アップ!書き写しをやり遂げるために必要な3つのこと

なぜやりたいのか?出来るというイメージ少しずつ行動🤗

 


私は童話を書くために、角野栄子さんの

魔女の宅急便の原作や、ミヒャエルエンデの

ジムボタンと機関車大旅行のような、

分厚い小説の全文書き写しをする!

という目標を決めて、文章力をあげて

いきました。

これを読んでいる人の中には、

文章力をつけたくて、

小説を全文、ノートに書き写す!

という目標を立てて、

「もし、やり遂げることが出来たら、

絶対に文章力が身につくはず!」

と分かっていても、実際に行動する

となると‥‥なかなか難しい。

そんなふうに、考える人も多いと

思います。

そこで、文章力をアップさせるのに最適な

「小説全文書き写し」をやり遂げるために

必要なことを話したいと思います。

 

ポイントは次の3つ

 ①なぜやりたいのかを明確にする

 ②すごい!で終わらない。出来るように

なりたい!というイメージをもつ

 ③少しずつ行動してみる。

 

①なぜやりたいのかを明確にする

まず、あなたはなぜ、

文章力を身につけたいのでしょうか?

童話や小説を書けるように

なりたいという人もいるでしょう。

ブログで収入を得たい人、

ビジネスで使いたい人。

理由はさまざまだと思います。

私の場合は、作家の安房直子さんに

憧れていて、童話を書きたい!

こんな文章を書けるようになりたい!

と強く思っていました。

けれど、最初から思い通りに書けるはずも

なく、文章力アップの方法を調べて、

小説書き写しにたどり着いたわけですが‥‥

もちろん、いきなり分厚い小説を

全文書き写す! と言うのは、

楽なことではありませんよね。

‥‥まず、めんどくさいし🥱

分厚い本を開いただけでうわっ🙀てなるし、書き続けていると、手が痛くなるし😵

作業は地味だし、時間はかかるし。

それでも、

【これを書けたら、安房直子さんに

近づけるんだ

という気持ちでがんばりました。

やりたい理由がはっきりしている人は、

モチベーションが保てると思いますよ。

 

②すごい!で終わらない。出来るようになりたい!というイメージ

自分とは違う才能を持つ人を見たときに、

あなたはどう思いますか?

あの人だからできる。

自分には関係ない。

そんなふうに思っていないでしょうか。

興味のない分野なら、それでもいいのですが、それが自分が追いかける夢だとしたら?

私は、とっても運動が苦手なので、

テレビでオリンピック選手を見ると

「わーすごいなぁ!」

と思ったあとに、

「でも、私には無理だなぁ」

って思います。

でも、童話の場合だけは、

「わーすごい!」

と思ったあと、

「私も絶対に書けるようになりたい!」

って思っていたんです。

この違いって、すごく大きくて、

【自分がやれる!】

【自分にもできる!】

というイメージが、湧くか湧かないかの

違いなんですよね。

このイメージを持った人だけが、

【必ずやり続ける

というモチベーション維持に

つながるんですね。

文章力をつけたいのなら、

上手な文章を見たときに、

「すごい!」

で終わらず、

「自分も書けるようになりたい」

と思うこと。

それが上達の第一歩です。

文章が書けるようになったら、

そのあと自分がどうなれるのかを

イメージしてください。

 

③まずは少しずつやってみる。

あこがれの人を見たあと、

「すごい!」で終わらないために、

とにかく行動をしていくのが大切です。

日記をつけるなどして、

文章を書くことに、慣れていきましょう。

小説の書き写しも、いきなり分厚い本を

選ぶよりは、好きな本から!

憧れの作家さんや、

「こんな文章を書いてみたいなー」

と思う雑誌の記事など。

何でもいいので、好きな本や新聞を、

とにかく集めてみます。

その中から、書いてある文章をマネして、

ノートに書き写してみましょう。

全文でなくても、1行でも2行でも

構いません。

やったことがないなら、最初は少しずつ。

まずはノートを開く、鉛筆を握ることから

始めてくださいね。

ノートを開いているだけで、

何もしていないときよりも、

確実に前に進んでいます。

 

 

童話ブログ トップにもどる

eguchi
  • eguchi
  • 子どものころから30年間趣味で、動物が出てくる童話を書いている。2020年に動画をきっかけにブログを始める。
    猫大好き!子どもとネコカフェやカラオケに行くのが楽しみ。