人気の絵本あらすじ【楽天レビュー1000件以上!】選ばれる理由を解説

 

人気の絵本あらすじ【楽天レビュー1000以上!】選ばれる理由を解説

本ページは、アフィリエイト広告を利用しています。

 

 

「みんなが読んでいる絵本が知りたい」

「読み聞かせの定番はどれ?」

「出産祝いや誕生日に、絵本をプレゼントしたいけど、どれを選べばいいか分からない」

そんな方のために、子育て中に必ずチェックしたい、楽天レビューが1000件以上ある大人気絵本ばかり集めました。 たくさんの人に、長く選ばれる理由も解説します。

あわせて読みたい

【2022年発売】新作絵本をあらすじ付きで紹介

 
 
 
 

楽天レビュー1000件以上!人気絵本のあらすじと、選ばれる理由

 

どうぞのいす 作 香山美子 絵 柿本幸造

/ひさかたチャイルド

created by Rinker
¥1,100(2024/04/16 07:16:21時点 楽天市場調べ-詳細)

あらすじ
うさぎさんがいすをつくりました。どこにおこうか‥‥。かんがえて、たてふだをつくるうさぎさん。そこには【どうぞのいす】とかきました。 そこへ、ろばさんがやってきて、どんぐりをおいて、ひるねをはじめました。 そのあと、くまさんがやってきて‥‥。

「どうぞすわってください」という、やさしい気持ちのうさぎさんが作ったいすです。

魅力的なのは、直接会っていないのに、つながるおもしろさ!

「つぎの人にわるいから‥‥」 と、なにかしようとするどうぶつたち。 思いやりの心を育てるところが、人気の理由ですね!

 

 

しろくまちゃんのほっとけーき 作 もりひさし、わだよしおみ 作画 わかやまけん

/こぐま社

あらすじ
しろくまちゃんがおかあさんといっしょに、ほっとけーきをつくります。こなをまぜるのはたいへん! だんだんやけていくほっとけーきに、ワクワク!できあがると、こぐまちゃんをよびました。なかよくたべて、おさらをあらいます。

『ぽたん どろどろ ぴちぴち ぷつぷつ』と見た目も、音も表現して、おいしそうなにおいまで、伝わってきますね!

ふわふわのホットケーキをつくるシーンは、「じぶんでもつくってみたい!」という気持ちになります。

最後に、じぶんでおさらをあらうところは、お子さん自身がしろくまちゃんのマネをして「あとかたづけをしたい」と思うようになったり、食べて終わりではないことを学んだりするでしょう。

そんな、魅力たっぷりの作品です。

 

 

 

きんぎょがにげた  五味太郎 作

/福音館書店

created by Rinker
¥990(2024/04/16 07:16:21時点 楽天市場調べ-詳細)
あらすじ
きんぎょは、どこににげたかな?にているかたちや、おなじいろのものに、まぎれています。だんだんふくざつになって、さいごはどこにいく?みつけられるかな?

ママは「きんぎょはどこかな?」と声をかけて、きんぎょを見つけたとき、子どもは指をさして、コミュニケーションをとりながら、楽しく読めます。

ハッキリした赤色で、月齢が低くても見つけやすいところが、人気のひみつのようです。 集中して探したり、観察する力がつきます。

大人からすると、「正解が分かったら、飽きるんじゃないの?」と思いがちですが、子どもは毎回正解できると、自己肯定感が高まります。

大好きなママに、たくさんほめてもらえたらうれしいですね!

 

 

ねないこだれだ  せなけいこ さく・え

/福音館書店

created by Rinker
¥880(2024/04/17 01:25:11時点 楽天市場調べ-詳細)
あらすじ
ねるじかんになりました。こんなじかんにおきているのは? よるにおきる、ふくろうやくろねこ? いいえ、おばけのじかん。

せなけいこさんのコメントの引用です。

私の本にでてくるおばけは、子どもを脅すおばけではないんです。ましてや誰かが死んで、化けて出てくるのでもない。おばけは、おばけの世界で自由気ままに生きている。そして、子どもはそのことを知っているのです。だからちょっぴり怖くても、やっぱりおばけが好きで仕方ないんです。しつけをしたり、脅したりするおばけだったら、子どもが好きになるはずないじゃないですか。 東洋経済オンライン 名作絵本「ねないこだれだ」の意外な真実より引用

 

作品の魅力は、しつけの本ではないということです。

大人が考えるような「はやくねないと、おばけにつれていかれる」という意味ではありません。

子どもからすると、おばけは「楽しい世界に連れて行ってくれる存在」なんですね!

読み聞かせをするときにも、怖い声を出さずに、楽しく読むことがポイントです。

 

 

 

はらぺこあおむし エリック・カール さく もりひさし やく

/偕成社

created by Rinker
¥1,320(2024/04/17 01:25:11時点 楽天市場調べ-詳細)
あらすじ
はっぱのうえのたまごから、あおむしがうまれました。たべるものをさがします。さいしょは、りんごをひとつ。まいにち、たくさんたべて大きくなっていきます。

あおむしの成長を楽しみに待ちながら、 お勉強をしているつもりはなくとも、数字、曜日をおぼえられます。

あおむしが食べたところに、穴があいている楽しいしかけも、人気のひみつですね。

食べすぎて、おなかがいたくなってしまうところでは「ちゃんとしたものを食べようね」と声をかけるきっかけに! ラストのチョウになるシーンは、色鮮やかです。

こちらは、布絵本 のソフトブック。出産祝いに選ぶ方が多いです。

 

童話ブログ トップにもどる

 

eguchi
  • eguchi
  • 子どものころから30年間趣味で、動物が出てくる童話を書いている。2020年に動画をきっかけにブログを始める。
    猫大好き!子どもとネコカフェやカラオケに行くのが楽しみ。